自分の名作

すごくすごく自分の好みに当て嵌まる本があります。
何度も読み返していて、世間的評価は知りませんが私の中では名作です。
同じ作者さんならまた名作を作ってくれるはずだと思うのですがそうもいきません。
何冊読んでも面白くない。
むしろ腹がたつほどつまらない。(笑)
あの名作はなんで生まれたんだろう…。
たんなる偶然でしょうか。
あの話しが好きすぎてこの事態が悔しいです。
でもですよ。
そんな貴重な一冊に出会えてよかったと思うべきですよね。
だって何冊読んでも面白くない作家って『この人の作品はもう読まないリスト』に入りますから。
最初に出会っていなければ私の名作は埋もれていた可能性があります。
そう前向きに考えることにしました。
薬剤師仲間は読書家が多いのでお勧めを聞こうかな~。