空気を読む

空気を読むっていつごろからある言葉なんでしょうかね。
私が小学生のころにはなかったと思うのですが・・・。
まわりの状況を見て自分で考えるのはいいことですけど、難しいですね。
人だっていろんな人がいるから、いったい何に不快になるのか嬉しくなるのかなんてわかりません。
いつもなら、自分の意見をいいたいところだけど、このメンバーのときは黙っていようってこともありますよね。
最近、そういうことが多いです。
愚痴というほどのことではないけれど発言は控えた方がいいなって判断することも多いです。
相手がそれをどうとるか分からないし、意図が伝わらずに何かマイナスなことになったら困りますから。
自分が信用していないのと同時にあちらもそうかもしれない微妙な関係です。