お酢がきいているものを食べたくなる

暑い時は酢の物などお酢がきいているものを食べたくなるのでよく作ります。
酸味は夏バテ予防になりますからね。
梅干しのクエン酸はエネルギーを増す作用があります。
果物などに含まれる酸味成分でエネルギーに変換。
梅干しには他の食材にない成分、梅リグナンが動脈硬化を和らげる。
ストレスで出る活性酸素は動脈硬化の原因でこの活性酸素を打ち消す作用がある。
梅干しの産地の人達は梅酢と水でうがいをする!
ウィルス抑制効果、うがいや一日一個食べるだけでインフルエンザや風邪の予防
食中毒も防ぐ、良いことづくめ。
お弁当に梅干しを入れるのは昔からありますね。
日の丸弁当は梅干しの周りしか抑制効果がないから細かくして混ぜ込んだ方が良いそうです。